2009年07月08日

使われちまったお金を取り戻す方法

Xin Chao!!(おはよう!!)


昨日の続きです。


勤め先の社長に7月分の給料を使われてしまったのは昨日のブログで記載したとおりですが、今までまとまったお金を貸したことはあっても勝手に使用されてしまったのは初めて。


お金を借りに来る人に共通しているのは、相手も相当困っているから「本当に申し訳ない」「直ぐに返すから」「君しか頼る人が居ないんだ」という言葉。


貸した時に言われる言葉は「君はなんて良い人なんだ」「このご恩は忘れない」「本当に有難う」。


約束の返済時に決まっているのは、恩を忘れてしまったのか「なかなか返済しないこと」「こちらから連絡するまで何の連絡もないこと」こちらから連絡すると「申し訳ない。もう少し待ってくれ」の言葉。


督促の連絡をするのは気持ちが良いものではないので、連絡しないでいるといつまでたっても相手からは連絡なし。腹が立って連絡すると「今連絡しようと思っていた」という言葉。


昔から良く言われる「金は貸すな。貸すと友人まで無くす」「貸すときは相手にあげたと考えると良い」という格言は本当です。


今回は貸したのではなく、使われてしまったのですから、とても相手にあげたとは考えることが出来ません。


今までお金を貸した人とは状況も相手の立場も違いますから、返済されないとは思いませんが、使い込んでしまったと言うことは、状況から推測して、相当相手も余裕が無いのでしょう。


さぁ、如何にして取り戻そうか。







◆「ベトナム情報をもっと!」という方は以下よりどうぞ!!
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
posted by HA-NAM at 08:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ★生活情報★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だか凄い事になっていますね。
でも、こんな逆境の中で余裕すら感じられ
尊敬します。
災害の時、思いましたがベトナムの人もピンチに強いですね。
何とかなるの精神なのですかね。
拝読させて頂き、励みになっています。
Posted by CRAVEN at 2009年07月09日 01:14
CRAVENさん
いつも拝読有難うございます。
拝読していただける人がいて、私もとても励みになっています。
これからも宜しくお願いします!
Posted by HA-NAM at 2009年07月10日 01:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック