2017年07月20日

ベトナム ベトナム人スタッフ鳥取県庁に着任 チャーター便運航支援

aozai.jpg

ベトナム人スタッフ県庁に着任 チャーター便運航支援

 11月に米子−ベトナム・ハノイ間で初のチャーター便が運航されるのを前に、現地旅行会社のベトナム人スタッフ1人が18日、鳥取県庁で業務を始めた。9月13日まで滞在。ベトナム語の観光マップ作りや会員制交流サイト(SNS)で県内観光地の情報を発信し、ベトナムからの誘客を促進する。

着任したのは旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の現地法人に勤務するトン・ティ・レエ・ウエンさん(25)。日本への送客促進に向けた同社の研修事業の一環で、県が滞在費などを支援する。

 トンさんは今後、県内各地を訪問し、ベトナム人が好む観光地や体験をSNSで発信。お勧めルート作りや写真スポット集の編集などを行う。帰国後はハノイ支店で鳥取県へのツアー販売や新たな商品化を手掛ける。

 初日はベトナムの民族衣装アオザイ姿で平井伸治知事と面談。「日越の交流の扉を開けてほしい」と期待する平井知事に対し、トンさんは「ベトナムでは日本の観光情報が不足している。鳥取に関心を持ってもらえるよう、しっかり働きたい」と意気込んだ。

posted by HA-NAM at 14:14| ★生活情報★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする