2017年07月22日

ベトナム 戦死者120万人の遺骨が未発見、遺骨30万体は身元不明

sensi.jpg

ベトナム共産党中央軍事委員会と国防省は19日、戦争傷病者・烈士記念日70周年(1947年7月27日〜2017年7月27日)を記念して、革命功労者や戦死者遺族の代表らを称揚する会合を開催した。

 ベトナムはフランス植民地戦争やベトナム戦争を経験してきた。レ・チエム国防次官によると、現在全国に、戦争で家族を亡くしたベトナム英雄の母12万7000人を含む革命功労者約900万人が暮らしている。また、戦死者120万人近くの遺骨がまだ見つかっておらず、約30万体の遺骨が身元不明のままとなっている。更に戦争による傷病者が数百万人に上る。

 チエム次官は、「戦死者の遺族は、戦後もずっと帰って来ない家族の知らせを待ち望んでいる。我が国にとって非常に大きな損失だ」と述べた。

 党中央軍事委と国防省の指導により、これまでに遺骨95万1163体が発見され、身元が確定した多くの遺骨が遺族の元に届けられた。また、寄付活動により革命功労者向けの慈善住宅約1万3500棟が建設されたほか、戦死者遺族や傷病者の家族340人の雇用が創出されている。



posted by HA-NAM at 11:32| ★街の風景★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする