2017年08月11日

ベトナム 【近鉄不動産】ベトナム・ハノイにおける分譲住宅 開発事業の展開について

1.jpg


【近鉄不動産】ベトナム・ハノイにおける分譲住宅 開発事業の展開について

近鉄不動産株式会社(本社:大阪市天王寺区/取締役社長:善本 烈)は、三菱商事株式会社とベトナムの大手不動産デベロッパーであるBitexco Group of Companies(以下、 Bitexco社)が同国ハノイで進めている分譲住宅開発事業(以下、本プロジェクト)に参画するため、三菱商事株式会社が設立した本件事業用投資会社TMCP Investment Pte.Ltd.(本社:シンガポール、以下、TMCP社)に対し、関電不動産開発株式会社(本社:大阪市北区/代表取締役社長:勝田 達規)と共に出資することとしましたので、お知らせします。なお、本プロジェクトが、当社として初の海外での分譲住宅開発事業となります。




本プロジェクトは、ハノイ中心部から南西に約8kmのホアンマイ区他において、 Bitexco社が進める住宅、商業、オフィス、学校、スポーツ施設等の大規模複合開発事業であるThe Manor Central Park(以下、TMCP)プロジェクトのうち、第一期計画となる低層棟240戸、高層棟2棟874戸を供給しようとするものです。
当社は、今後、本プロジェクトを推進するとともに、ベトナムや近隣のASEAN諸国など市場調査を進め、海外事業を本格的に展開してまいります。

※TMCPプロジェクト・・・90haにわたる計画面積であり、政府による一体整備が
計画されている公園の面積100haを加えると、ハノイ最
大の不動産事業となります。
分譲住宅開発においても低層棟約1,000戸、高層棟17棟・
約7,700戸と最大規模の計画です。




posted by HA-NAM at 04:05| ★経済・株価・金利★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする