2017年08月11日

ベトナム ベトナム、先物開始 ヘッジ手段提供で外資呼び込み (2/2ページ)

1.jpg


ベトナム、先物開始 ヘッジ手段提供で外資呼び込み (2/2ページ)

ただ外国人投資家の割合は2割足らずにとどまっている。ベトナムは外国人投資家を呼び込むために一部業種を対象に外資規制(外国人株式保有制限)の緩和や国有企業の株式売却など、複数の措置を講じてきた。




 デリバティブ市場の設立・発展案は14年にグエン・タン・ズン前首相が承認した。外国人投資家にとってはヘッジ手段となる。アジア地域では既にシンガポールやタイなどが先物取引を提供している。

 フォン副社長は「デリバティブ市場の創設により新興国の市場の中でのベトナムの地位向上につなげたい」と話した。




 香港の運用会社アジア・フロンティア・キャピタルのトーマス・ハガー最高経営責任者(CEO、香港在勤)は「万一の場合にリスクヘッジができないことを理由にベトナムへの投資を手控える投資家は多い。指数先物でヘッジが可能になる」と語った。




posted by HA-NAM at 08:10| ★経済・株価・金利★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする