2017年08月19日

ベトナム ニッポンの“授業”を輸出せよ(2) 理系人材を「実験」で育てろ!

1.jpg


ニッポンの“授業”を輸出せよ(2) 理系人材を「実験」で育てろ!

シリーズ特集「ニッポンの“授業”を輸出せよ」第2回は「理科実験教室」の海外展開を巡る動きを取材。理科の「出前授業」を有料で手がける日本のベンチャー「リバネス」が、ベトナムでの展開に向け準備を進めています。第3の都市ダナンの公立中学校で、生徒や教師の反応を見るため試験的な授業を実施。川の水を浄化する実験から、生徒らに身の回りの「水の問題」を考えさせ、最後は「科学を勉強すれば世の中の問題を解決できる」と伝えます。「生産国」から「研究開発立国」への脱皮を目指すベトナムでは、「理系」人材の育成熱は高まる一方。チャンスは大きいといいます。現在、ダナンではリバネスやミズノなど20社が「教育学園都市コンソーシアム」として、現地行政との折衝を一括で行うなど、参入に向けた準備を着々と進めています。

取材先
・リバネス




posted by HA-NAM at 00:08| ★経済・株価・金利★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする